税理士を変更するタイミングと失敗しないためのポイント

税理士

法人にとって、税理士はお金の管理に関わる重要な業務を任せる存在です。

そのため、パートナーとして信頼できる相手を探す必要があります。

「税理士を変更するタイミングってどんなとき?」
「変更するときの注意点を知りたい」

当記事は、このような疑問を解決するためのポイントをまとめた内容です。

税理士を変更するタイミングのよくあるパターンの紹介から、失敗しないためのポイントを理解できるでしょう。

税理士を変更するよくあるタイミング

まずは、税理士を変更するタイミングとしてよく挙げられる理由を紹介していきます。

よくある変更理由を理解した上で、失敗しないためのポイントを考えていきましょう。

それぞれを詳しく紹介していきます。

1:税理士報酬を見直したいとき

税理士報酬が利益を圧迫しており、見直したいときは、税理士報酬を見直すタイミングだといえるでしょう。

ただし、安易に「料金が高いから」という理由だけで税理士を変更すると、思わぬ失敗を招く可能性があります。

金額だけではなく「報酬に見合った成果を出してくれているのか?」を分析してから税理士の変更を検討しましょう。

2:税理士の仕事への不満

依頼している税理士の仕事内容に不満がある場合は、変更する立派な理由になるでしょう。

・お願いしている仕事の対応が遅い
・決算書類の作成に不満がある
・改善してほしい部分を何度伝えても変わらない

このような場合は、税理士の変更を検討しましょう。

税理士事務所によっては、担当者がコロコロと変わることや情報伝達がスムーズに進まないことが不満につながることもあります。

このようなケースでは、税理士が複数所属する大手事務所ではなく、個人事務所や小さな事務所に変更することで不満解消につながるでしょう。

3:税理士の人柄への不満

税理士の業務内容ではなく、人柄に不満がある場合や、相性が合わないなどの理由で税理士の変更を検討することもあります。

この場合は、税理士側に大きな過失があるわけではないため、事前準備をしてからの変更を意識しましょう。

4:税理士の引退

担当の税理士が引退した場合や亡くなった場合も、税理士を変更するタイミングだといえるでしょう。

大きな税理士事務所の場合、新たな担当者に引き継がれることがほとんどですが、小さな事務所で後継者がいない場合などは別の税理士を探す必要があるかもしれません。

税理士を変更する際の3つの注意点

ここからは、税理士を変更する際の注意点を3つに分けてご紹介します。

注意点を理解しておくことで失敗しない税理士選びを行いましょう。

それぞれを詳しく紹介していきます。

注意点1:次に依頼する税理士候補を探しておく

税理士を変更する前に、次に依頼する税理士候補を探すことを意識しましょう。

例え、どのような理由があっても感情的に税理士をすぐに変更するなどの対応は危険です。

結果的に損をしてしまったり、業務量が増えてしまったりする可能性があります。

注意点2:預けている税務署類を返してもらう

これまで依頼していた税理士事務所には、会社の税務署類やデータが保管されています。

税理士を変更する場合、預けている書類を忘れずに返却してもらいましょう。

この場合も、変更が決定してから回収を依頼することで、協力を得にくいこともあるため注意が必要です。

注意点3:税理士と事業内容の相性が合っているかどうか

担当する税理士によって、得意とする分野や経験してきた分野は異なります。

そのため、会社の事業内容と税理士の得意分野が、一致しているかどうかを事前に確認することも大切なポイントです。

業界や業種によって、補助金の種類や課税制度に違いがあるため、適切なアドバイスを受けられないことで結果的に損をすることのないように注意しましょう。

まとめ:香川県高松市周辺で税理士をお探しなら「北村嘉章税理士事務所」までお問い合わせください

当記事では、税理士を変更するタイミングと失敗しないための変え方を紹介してきました。

会社の税務管理を任せるパートナーとして、大切な役割を担うのが税理士です。

変更する場合は、紹介した事前準備を進めながら断る意思をはっきりと伝えることを意識しましょう。

「北村嘉章税理士事務所」では、会社設立時だけではなく、企業の資金調達や助成金の相談・アドバイスを行っています。

香川県高松市周辺で税理士をお探しの方は、ぜひお気軽に問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です