創業直後の販路開拓に使える!小規模事業者持続化補助金

calculator

小規模事業者持続化補助金をご存知でしょうか?

小規模な事業者はともて使いやすい補助金ですので、ご興味ある方は是非ともチャレンジして頂きたい制度です。

まず、小規模事業者持続化補助金とは?

・販路の開拓(国内外問わず)

・生産性の向上

小規模事業者が上記の取組をした際にかかった経費を支援するための補助金です。日本商工会議所が管轄しており、「経営計画書」等が必要となります。

「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」の2種類があります。今回は「一般型」をご紹介致します。

持続化補助金の対象者は?

・小規模事業者

・一定の要件を満たした特定非営利活動法人(要件とは、法人税法上の収益事業を行っていること、認定特定非営利活動法人でないこと)

が対象者となります。なお、以前に採択されて補助金を受けられた方については対象となりません。また、「低感染リスク型ビジネス枠」と「一般型」はどちらかしか補助金を受ける事ができません。

小規模事業者とは?

 業種人数
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く)常時使用する従業員の数 5人以下
 サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
 製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下

小規模事業者は、上記の要件を満たす事業者です。

補助金の対象となる経費は?

・販路開拓に使う経費が対象となります。具体的には以下の通りです。

✔新商品を陳列するための棚の購入

✔新たな販促用チラシの作成、送付

✔マスコミやウェブサイトの広告

✔看板やメニュー表の作成費用

✔店舗改装

✔ホームページ作成費用

・また、生産性向上のために使う経費も対象となります。具体的には以下の通りです。

✔業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減

✔従業員の作業導線の確保や整理スペース導入のための店舗改装

✔あらたに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する

(引用:令和2年度補正予算小規模事業者持続化補助金)

補助率と補助上限

補助率は、補助対象となる経費の2/3以内、補助上限は50万円(特定創業支援等は100万円)です。複数の小規模事業者が共同申請する場合は、50万円~1,000万円となります。

申請期限

第5回受付締切・・・2021年6月4日(郵送当日消印有効)

当補助金の申請書類は、郵送又は電子申請で提出します。また電子申請の場合は、郵送での書類提出の必要はありません。

電子申請に関しては、補助金申請システム「jGrants」を利用できますが、jGrantsの利用には、GビズIDプライムアカウントの取得が必要です。

なお、GビズIDプライムアカウントの取得には4週間程度かかるため、補助金の締切日も考慮して未取得の方は早めにご登録下さい。

まとめ

今回は、小規模事業者持続化補助金の「一般型」についてご紹介しました。

補助金の要件については細かな要件があります。また、申請書類や実績報告書作成には手間がかかります。

香川県で今回の補助金をご検討の事業者の皆様は是非弊社までご相談下さい。

北村嘉章税理士事務所」では、補助金申請のご支援だけでなく、資金調達のご相談・アドバイス、クラウド会計導入支援を行っております。

香川県高松市や善通寺市周辺で税理士をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です