創業融資は資金に困ってなくても借りるべきか?

起業する際に創業融資は借りるべきか?よく質問されます。今回は創業融資は受けるべきかどうか理由と共に解説致します。

結論としては起業時には資金に困っていなくても借りるべきで借りられるだけ借りておいた方が良いです。

私も税理士事務所を開業した時に創業融資を借りられるだけ借りました。

創業融資を借りた方が良い理由

①創業時にはお金を借りやすい

創業融資では、

 ・起業家のこれまでの職務経歴

 ・起業資金の準備具合

 ・税金や国民健康保険等の未払がないか、住宅や車のローンの遅滞がないか

がとても重要となります。金融機関は以上の事を総合的に判断して融資を決定することになります。

➁事業が軌道に乗るまでの時間を稼げる

起業時に立てる売上計画のほとんどは高い確率で下回ります。悲しいくらいに計画通りにお金が出ていきます。結果、資金は予想以上のペースで減っていきます。従って、万が一のための余裕資金を調達しておくべきです。後、資金に余裕があれば事業に必要な投資ができますので事業の発展を早めることができます。

③銀行融資の実績を作ることができる

創業融資を受けて、契約通りに返済をしていくと融資の実績を作ることになります。

融資の実績をつくることのメリットは、今後、新規事業や運転資金などで新たな融資が必要になった場合には、融資の申し込みがしやすくなります。

まとめ

今回の記事では、創業時に創業融資を受けるべき理由をまとめました。

創業時に可能な限りお金を借りて早く事業を軌道に乗せられるようにしましょう。

香川県で創業をご検討の事業者の皆様は是非弊社までご相談下さい。様々な事例に対応致します。

「北村嘉章税理士事務所」では、創業のご支援だけでなく、クラウド会計の導入支援・補助金申請のアドバイスを行っています。

香川県高松市や丸亀市周辺で税理士をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です