創業融資の審査を通すための5つのポイント

会社設立

創業融資には、普通の融資と違った多くの特徴があります。
また、融資の審査の内容や判断の仕方についても、通常とは異なったものとなっています。
そのため、この特徴をよく理解して申し込まないと「こんなはずではなかった」ということになりかねません。
ここでは創業融資の審査について、その特徴や審査を通すためのポイントについてご説明します。

〇 創業融資の審査の特徴

通常の融資の審査は、主に企業の財務内容や格付けを中心に行われます。
そのため、融資判断においては、決算書の内容が重要となります。

これに対して創業融資では、創業者に過去の実績や格付けといったものが存在しないため 、その審査は
「申し込み条件を満たしているか?(自己資金要件など)」
「事業計画の内容が妥当か?」
の2点で行われます。

このように通常の融資の審査が財務内容メインで行われるのに対し、創業融資では事業計画の内容を中心に行われるところに大きな違いがあります。

〇 審査を通すための5つのポイント

・ 伝わる、理解できる文章で書く

創業融資の事業計画書は、「金融機関に伝わる」ものでなければなりません。
事業計画に関する失敗としてよくあるのが、「自分よがりの考え方や伝え方」で作ってしまっているということです。
例えば、他人にはよくわからない内容や表現となっているなどがこれに該当します。

つい、自分でわかることは、他人もわかるだろうという感覚になりやすいですが、実際には相手に内容が十分に伝わりませんし、論理的にも整合性が取れないものとなってしまいます。
そのため、こまかな部分の説明も手を抜くことなく、「この内容でキチンと伝わるだろうか?」ということを念頭において計画を作成する必要があります。

・ 基本的な融資条件を守る

申し込みの中で意外と多いのが「基本的な融資の条件が守れていない」ケースです。
1/10以上の自己資金が用意できていない、創業後2期を過ぎてしまっているなどは、その代表です。
そして、その中でも特に気をつけなければならないのが、「支払いの履歴」です。
これは創業融資だけではなく、すべての融資の申し込みに共通することですが、「家賃、公共料金、税金、各種ローン」といった、定期的に支払うべきものについて遅れがある場合は、それだけで融資がダメになってしまいます。
これは少額だから許されるとか、期間が短かったから大丈夫ということにはなりません。
また、税金については、 融資申込前までに未納分の金額を収めたとしても、支払いが期限までに間にあっていない場合には、やはり融資は通らなくなります。

・ 自己資金とのバランスを考える

創業融資を申込む際に重要となるのが「申込額と自己資金とのバランス」です。
一般的に、融資が出やすい金額は、自己資金額の3倍程度までとされています。
したがって、自己資金が100万円しかないのに500万円とか800万円の融資を申し込むのはバランスを欠いており、融資が出ない原因となります。

・ すべての項目について根拠を用意する

事業計画については、購入予定の設備について見積書を用意するのは当然ですが、それ以外にも見込まれる売上額や経費についても、納得のできる根拠を用意する必要があります。

特に売上げについては、何の根拠もなく想定額をそのまま記載する方が多いですが、「なぜその売り上げが達成できるのか?」について、納得のいく根拠を用意することは必要となります。

・ 面談対策は完璧にしておく

融資を通すための最後のポイントが「金融機関との面談」です。
創業融資の申込みでは、必ず金融機関による面談が行われます。
聞かれる内容は、事業に関する基本的なことが中心なので、計画を作った方ならば問題なく答えられるものばかりです。

にもかかわらず、基本的な部分についての回答や、自己資金の出所についての説明ができないような場合には、審査の評価は厳しいものとなります。
そのため、何を聞かれるかをあらかじめ想定した上で、これに答えられるようにしておくといった事前の対策が必要となります。

〇 まとめ

創業融資には通常の融資と違った特徴があるため、融資審査の内容もそれに沿ったものとなります。
そのため、事業コンセプトや自己資金についての対策をしておくことは欠かせませんが、それ以外にも伝わる文章を心がける、面談の準備をしておくなどの基本的な項目についても配慮を怠らないようにする必要があります。

香川県で創業融資をご希望の事業者の皆様は是非弊社までご相談下さい。

「北村嘉章税理士事務所」では、融資のご支援だけでなく、クラウド会計の導入支援・補助金申請のアドバイスを行っています。

香川県高松市や善通寺市周辺で税理士をお探しの方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です