【会計ソフトfreee】法人向けプラン3種類の特徴と選ばれる理由

企業における会計は、法人の内部・外部の利害関係者に対して財政状態を正確に伝えるための重要な情報であり、法人の成長に向けた改善点の発見や分析にも必要不可欠なものといえます。

多岐にわたるデータを収集して行われる会計は、多大な労力と時間を要しますが、会計ソフトを導入することで劇的な業務効率化が実現します。

この記事では、これから会計ソフトの導入、もしくはソフトの乗り換えをご検討されている法人の経営者様や経理ご担当者様に向けて、法人向けクラウド会計ソフトfreeeの3種類のプランの特徴や選ばれる理由を詳しくご紹介していきます。

会計ソフトでできること

会計ソフトは、法人の決算業務や会計業務に関するデータの処理・管理・分析・運用に加えて、多種多様な書類の自動作成まで行える便利なソフトです。

膨大な量の情報を正確に取り扱わなければいけない会計業務ですが、会計ソフトを活用すれば、手書きやExcelのデータ入力によって起こりうる人為的ミスを回避でき、尚且、会計業務にかかる作業工数を大幅に削減できます。

会計ソフトを導入するメリット・デメリット

会計ソフトの導入で法人にもたらされるメリットと、知っておかなければならないデメリットをご紹介します。

メリット

会計ソフトを導入するメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 経理処理の効率化を図れる
  • データ入力のミスを避けられる
  • 多種多様な書類のペーパーレス化が実現する
  • リアルタイムで財政状態が把握できる
  • 利用範囲に応じたプランを選べる

最も大きなメリットが、決算業務から会計業務まで一つのシステムで一元管理できるため、経理担当者にかかる負担が大幅に軽減され、業務効率化を図れるという点です。

また、経営陣は会計情報をリアルタイムで確認できるため、迅速な経営判断が可能となります。

会計ソフトは、利用範囲に応じて自由にプランを選択できるものが多く、決算書類の作成に特化したプランや、電話サポートが付いたプランなどもあり、予算に合わせて導入ができます。

デメリット

会計ソフトを導入するデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 導入・運用費用が発生する
  • 法改正に対応していない会計ソフトがある
  • 会計ソフトの操作を覚える必要がある

会計ソフトには、インストール型とクラウド型があり、基本的にインストール型は購入時に費用が発生し、クラウド型は毎月の利用料金が発生します。また、会計ソフトによっては法改正に対応していない可能性もあり、慎重に選定しなければなりません。

会計ソフトの操作を覚える必要もあるため、ITツールの操作が苦手な担当者は操作性に優れた会計ソフトを選ぶ必要があります。

法人向けクラウド会計ソフトfreeeとは?

さまざまな会計ソフトが国内でリリースされていますが、その中から、freee株式会社が提供する法人向けクラウド会計ソフトfreee(フリー)の特徴や各プランの選ばれる理由をご紹介していきます。

freeeで使える多彩な機能

法人向けクラウド会計ソフトfreeeは、初期費用0円・30日間無料で導入できるクラウド型の会計ソフトです。

経理・会計業務を楽にする以下のような機能が備わっています。

  • 確定申告書類などの種類を手軽に作成できる
  • スマホアプリでレシートを自動入力できる
  • 電子申請でどこからでも書類を提出できる
  • ネットバンクやクレジットカードの連携で利用明細の自動取得、帳簿付けができる
  • 請求書の作成と帳簿付けが一括でできる
  • Airレジやスマレジなどのレジサービスと連携
  • squareやEdyなどの決済サービスと連携

ITツールを初めて扱う方でも直感的に扱える操作性で、メニューや項目に対するガイドが表示されるので、データ入力のミスもなく正確に経理処理を行えます。

月々の経理処理をfreee上で行っておくことで、決算書やその他の書類がワンクリックで作成できます。

経理初心者でも、多機能かつ高機能の経理処理をスムーズに扱えるのがfreeeの魅力で、導入によって日々の経理・会計業務が大幅に効率化されます。

freeeの法人向けプランは3種類

freeeには3種類のプランがあり、それぞれ搭載されている機能やオプションが異なります。

どのプランも30日間無料で利用できますが、会計ソフトは基本的に長期利用が想定されるため、プランの選定は慎重になりたいところです。

そこで、各プランがどのような企業やシーンで選ばれているのかをご紹介していきますので、プラン選定の参考にしてみてください。

ミニマムプランが選ばれる理由

最も手軽なミニマムプランは、最大3名のメールアドレスを登録して利用できるプランで、決算書の作成がワンクリックでできる機能が備わっています。

便利な自動記帳機能と書類の自動作成機能

ネットバンク・クレジットカードの明細の自動取得とAIによる自動記帳機能や、テンプレートに沿ってクリックするだけで簡単に見積書・請求書・納品書が作成できる機能などが利用できます。

膨大な量の明細や書類の管理もfreee上で安全に管理できます。

決算書の作成を効率化できる

ミニマムプランは、決算書の作成にかかる経理担当者の負担と作業工数を削減したい場合、最小限の予算で見積・請求・納品書をペーパーレス化したい企業に適しています。

ただし、ユーザー上限が3名を超えて拡張できないため、4名以上で管理・運用する場合は必然的にベーシックプラン以上を選ぶ形となります。

ベーシックプランが選ばれる理由

ミニマムプランの全機能に加えて、ベーシックプランには定期請求書機能や一括請求書機能が備わっています。

請求書の定期作成機能と一括請求機能

予め設定した日程に合わせて請求書を自動的に作成できる機能や、作成済の請求書や納品書を参照して、合計の請求書を簡単に発行できる機能が備わっています。

ネットバンクとの連携で振込業務を簡略化

freeeに入力した取引先や買掛金の情報をネットバンクと連携させることで、振込依頼書が自動で作成され、振込業務を簡略化できます。(対応可能なネットバンクのみ)

経理処理の可視化の業務効率化を実現

ベーシックプランは、全ての経理処理データを可視化したい場合にオススメのプランで、経理部門全体の業務効率化を図り、事業の収入アップに繋げたい企業に適しています。

ただし、ミニマムプランよりも管理する項目が多くなるため、経営者一人での管理・運用は難しいといえます。そのため、経理専門の担当者がいるような企業であることが前提となります。

プロフェッショナルプランが選ばれる理由

ベーシックプランの料金の10倍となるプロフェッショナルプランは、ミニマムプランとベーシックプランの全機能に加えて、さらに複数の便利な機能が搭載されています。

リアルタイムに予実管理が行える

勘定項目・部門・セグメント別などで予実対比ができ、月の予算達成比から年間着地予想までリアルタイムで把握できます。

商談の際には迅速な情報の確認とスピーディーな経営判断が可能となります。

スマホから証憑の申請・承認をどこからでもできる

プロフェッショナルプランは、他のプランと比較してよりペーパーレス化に特化しています。

ワークフロー機能は、スマホで証憑を撮影してフォームに入力するだけで手軽に経費などの申請が可能です。承認担当者は、システムにログインできる場所であればどこからでもスムーズに承認を行えます。

Salesforce・Kintoneの連携でさらに業務効率化

他サービスであるSalesforceやKintoneと連携することで、さらに業務を効率化できます。

Salesforceを活用して連商談や商品のデータと連携させることで、freee上で見積書・請求書の作成がたった数クリックで完了します。

Kintoneを活用すれば、分散しがちな部門ごとの顧客・案件・日報が一元管理可能です。freeeと連携することで見積書・請求書が自動で作成される他、取引先情報・入金情報がタイムリーに把握できるため、各部署間のやりとりがスムーズになります。

スピーディーな経営判断が実現

プロフェッショナルプランは、経理処理の業務効率化を実現するとともに、リアルタイムに予実管理を行えるため、日頃からスピーディーな経営判断が必要となる大企業に適しています。

freeeのプロフェッショナルプランの導入は、経理部門・会計部門に課題を抱える企業にとって、IT化を実現させるための有効な手段となります。

まとめ

会計ソフトが企業にもたらすメリット・デメリット、そして、法人向けクラウド会計ソフトfreeeの特徴や各プランが選ばれる理由をご紹介しました。

経理処理の業務効率化とペーパーレス化を実現させる会計ソフトですが、freeeは初めてITツールに触れる方でもわかりやすい親切な設計になっています。

  • 法人の決算書類の作成が簡単にできるミニマムプラン
  • 経理処理の可視化と業務効率化を図れるベーシックプラン
  • freeeに蓄積されたデータをリアルタイムで活用し、迅速な経営判断が実現するプロフェッショナルプラン

3種類のプランの選定にお悩みの法人の経営者様、経理ご担当者様は、この記事でご紹介した情報を是非、お役立てください。

どのプランか決める事ができない又はfreeeで入力しているけれども合っているか心配な法人様はクラウド会計専門の「北村嘉章税理士事務所」にご相談下さい。

弊社代表は、クラウド会計ソフト「freee」の導入実績、勤務時代を含め50件以上と実績豊富です。

遠方の方はZOOM等オンラインでの面談に対応しております。

「北村嘉章税理士事務所|税理士検索freee」

https://advisors-freee.jp/advisors/74208

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です